大阪府「子ども輝く未来基金」より学習教材と知育玩具を支給していただきました


 夕刻を支える場いるどらぺの事業に大阪府「子ども輝く未来基金」より、学習教材と知育玩具を給付していただきました。学習教材として、参考書やドリル、伝記、楽譜など計42冊を、知育玩具としてカードゲームなどの計4つをいただいています。

 みんなでごはんを食べる前や食べ終わった後の自由時間にカードゲームをして仲良く遊んだり、楽譜から好きな曲を探してギターで弾いて歌ったり、参考書を使って一生懸命難しい問題に取り組んだり…。子どもたちの様々な可能性の芽が育つ、そんな素敵な支援をしていただきました。

 大阪府福祉部子ども室子育て支援課の皆様、並びに大阪市こども青少年局の皆様、本当にありがとうございました。


一般社団法人 こもれび

ソーシャルワークを基盤とした相談支援、子どもへの療育を中心とした活動。社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、教員などの資格を持った者たちが集まる専門職の集団。地域へのソーシャルアクションを起こし、ないものは作ることを実践している。