いるどらぺ(Ile de la paix)

 『Ile de la Paix(いるどらぺ)』とは、フランス語で「平穏な場所」を意味します。安心・安全な場で、人と出会い、継続的なつながり、様々な体験の機会を通じて、自己肯定感を高め、子どもたちの本来もつ可能性を引き出していきます。

 見えないところでSOSを出せずにいる人を見つけ、”アクションをおこす”また、ほしい資源やサービスがなければ、”ないものはつくる”をモットーに活動しています。


〇学習の場いるどらぺ

 「集団学習が苦手」「学習の方法がわからない」などの課題に対して、一人一人にあった個別対応を行なうことにより、「できる」「わかる」と自信をつけ、可能性を引き出していきます。不登校の方の対応や補習的な学習の支援を行なっています。教室型と訪問型があります。


◆利用料金◆(消費税込み価格)

 入会金 11,000円

※下の料金表は横にスクロールできます。

 スクロールしない場合は、Micosoft EdgeやGoogle Chromeなど最新版のWebブラウザでご覧ください。

[注] 新型コロナウイルスまん延下では、オンライン支援も実施しております。教室に通うことに不安を抱えている方はご相談ください。


★塾代助成カードもご利用いただけます。

★上記料金は、2021年6月以降に新規ご入会の方の料金となります。

★ご紹介特典とは、すでにご利用中の方からのご紹介、又は関係機関等からのご紹介の場合に適用される特典です。なお、ご利用者様からのご紹介の場合、ご紹介していただいた方にも1回に限り授業料の特典が適用されます。


〇夕刻の場いるどらぺ

 隔週木曜日の夕刻、概ね小学生から高校生を対象に、こころとお腹を満たす企画。平成27年12月17日、第1回夕刻の場を開催しました。小学生2名が初来所!!笑顔溢れる2時間半、あっという間でしたが、しあわせなひと時を過ごすことができました。

 定番カレー作りをみんなで力を合わせて行い、その後「いただきま~す」から「ごちそうさま~」 まで、笑いと話題の付きないひと時でした。大人顔負けの量をペロリと平げ、「今日のカレーは こ これまで食べた中で一番おいし~い」「絶対また来るね~」と子どもたちの笑顔に私たちの方がしあわせをいっぱい感じることができた時間でした。

 現在では利用する人数も増え、賑やかに楽しく過ごしています。

 この活動はクローズドで行なっています。利用をご希望の方は、面接をさせていただきますので、まずはご一報ください。利用料は無料です。


☆CDを作りました!!☆

 この、ケア付き子ども食堂に通う子どもたちの想いを歌にして届けたい・・・ 

 そんな思いが実現し、CD制作にチャレンジしました!サンプル音源をこちらからお聴きいただけます。

 このCDは、2021年2月に終了したクラウドファンディングのリターン品としてご用意しており、多くのご支援者にお渡しすることができました。

 なお、『2019年度子どもの貧困、虐待の防止、虐待を受けた子どものケアに関する助成金』419,000円が決定されたことを受け、このCD制作に有効適正に活用させていただきました。

◆ 子どもたちが作成した渾身の1枚にご興味のある方は、当法人までご連絡ください。

  [ 連絡先 ]:info@kmrb.jp

    (すべて半角にしてください)

【 収録曲 】

〇子ども自立アシスト事業(大阪市委託)

 中学3年生を中心とする中学生のいる世帯を対象に、支援員が訪問し、高校進学に向けた進路の相談や生活・学習の相談を行います。こもれびでは、個別支援だけでなく、各ケースワーカーとはもちろんのこと、学校や子ども相談センターなどの関係機関との連携により、子どもや世帯の環境調整にも力を入れたいと考えています。詳しくはこちらをご覧ください。


〇CD販売(チャリティー)のお知らせ

 夕刻の場を行なっている団体が集まって、平成27年に音楽祭とお披露目会を行いました。その時に歌われた曲をCDにして販売しております。1枚1000円です。売り上げは夕刻の場いるどらぺの食材費や子どもソーシャルワーク研究所の資金に充てたいと思います。ご協力いただける方は、以下にお振込のうえ連絡いただけたら、CDを送付させていただきます。

 ゆうちょ銀行 四一八支店

 普通 2046968

 一般社団法人こもれび

一般社団法人 こもれび

ソーシャルワークを基盤とした相談支援、子どもへの療育を中心とした活動。社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、教員などの資格を持った者たちが集まる専門職の集団。地域へのソーシャルアクションを起こし、ないものは作ることを実践している。